カテゴリ:太地くじらの博物館( 4 )

ナミ

今日も懐かしい写真
b0023856_6185914.jpg
b0023856_6191776.jpg
b0023856_6192479.jpg
b0023856_6193327.jpg
b0023856_6194755.jpg

太地を訪問したのはクマゼミが大合唱していた2004年7月17日でした。

by fuchaka | 2010-11-17 06:21 | 太地くじらの博物館 | Comments(0)

今更ながら

蔵出しですかね。
b0023856_2126592.jpg
b0023856_21271153.jpg

上の写真は光の加減で赤く見えますが出血しているわけではありません。
傷が残るのはハナゴンドウの名前の由来なのでしょうがないことです。

多摩で仔ユキヒョウ達が遊ぶ姿を見られなくなってユキヒョウ舎の前に一日居ることが辛くなるのでまだアップしていない各地の施設の写真を徐々にアップしていこうと思っています。
まだアドベンとか能登島とか色々あるのです~。

by fuchaka | 2006-05-08 21:37 | 太地くじらの博物館 | Comments(2)

芸ではない?

シャチが飛んでいるのは芸をしているのではないそうです。
習性を利用して健康管理がしやすいようにコミュニケーションをとっていることになります。そういう取り決めだから。
撮影:July17 2004
b0023856_1793151.jpg

by fuchaka | 2004-09-20 17:07 | 太地くじらの博物館 | Comments(7)

水平展開



キバがない!
ネコ科はどうしても犬歯が抜けることがありますね。
歯並びを見ていてふと思い立って「ハクジラ亜目マイルカ科」シャチの歯がどうなっているかを。
見て分かるように噛みつぶすことが出来ない構造なので
かみ切って飲み込むことになります。(イルカも同じ)
歯並びだけみても動物の構造の違いが分かって面白いですね。
撮影:July17.2004「シャチのナミ」太地くじらの博物館
b0023856_1939963.jpg

by fuchaka | 2004-09-14 19:40 | 太地くじらの博物館 | Comments(2)